脳疾患の中でも特に注意すべき脳動静脈奇形

脳動静脈奇形について知って未然に防ごう!

頭を押さえる人

脳の病気は特に注意しよう

脳の病気には特に気をつけましょう。その中でも、脳動静脈奇形は血管の奇形の一種で、くも膜下出血や脳内出血などを引き起こします。頭部CTや頭部MRIで検査することができますので、早期発見をこころがけましょう。

READ MORE
ナース

十分に気を付けるべき疾患

脳動静脈奇形の治療法は主に、開頭手術、放射線治療、カテーテル手術があります。開頭手術の場合では、奇形部分を完全に除去することができますが、その他の方法ではそれができないため、再発には十分気を付けることが重要です。術後も信頼できるかかりつけ医に相談の上経過を診ましょう。

READ MORE

現代の日本人を悩ませる脳疾患

女医

脳動静脈奇形の症状は恐ろしい

動脈の強い圧力が、静脈や異常に弱い血管に加わることで、出血を引き起こします。出血の場所によって、くも膜下出血や脳内出血を引き起こします。頭痛、嘔吐、記憶障害、運動障害といった症状が挙げられます。場合によっては、ひきつけの症状を引き起こします。

後遺症が残る場合があるので適切に治療しよう

発生頻度は、年間10万人に1人といわれており、脳動脈瘤と比べたら比較的数は少ないです。また、20代までの若い人に多いという特徴を持っています。くも膜下出血や脳内出血を引き起こしてしまうと後遺症になってしまう可能性があるといわれていますので、奇形部分を若いうちに早期に切除するべきか慎重に判断しましょう。

[PR]

下肢静脈瘤の基礎知識を徹底解説!
脚のデコボコを改善しよう

卵巣がんの治療は免疫療法がピッタリ
施術の特徴を詳しく解説!

脳動静脈奇形と診断されたらコチラ!
すぐに改善してくれます★

現代の日本人が命を落としやすい病気とは

近年の日本人の死因は、1位が癌、2位が心疾患、3位が脳血管疾患となります。2位と3位は動脈硬化疾患とも呼ばれており、日常生活による原因が大きいとされている病気となります。ですので、日ごろから意識して対策すれば未然に防げるのではないでしょうか。

近年日本人に増加している脳梗塞について

脳梗塞の原因って何ですか?

脳梗塞は、主に動脈硬化によって引き起こされます。動脈硬化は、日常の生活(喫煙・飲酒・食生活など)が原因となります。実際、脳梗塞を患う人は、日ごろから生活習慣を意識した生活をしていない場合が多いです。また、運動をほとんど行なわない場合も挙げられます。

脳梗塞を防ぐ方法はありますか?

どの病気にも言えることですが、日々の生活習慣は、脳梗塞を防ぐ上で重要な要素となります。高カロリーの食事や、喫煙、過剰な飲酒などは避けましょう。動脈硬化には自覚症状が無いため、日ごろから意識した生活習慣を送ることが大切です。

数多くある脳疾患には注意しよう

日本脳炎

日本脳炎は、「コガタアカイエカ」という蚊の媒介によって感染します。温暖な地域での流行が目立ちます。初期症状は、頭痛や嘔吐、下痢などがありますが、重篤な場合に陥ると神経障害や意識障害を起こす場合があります。

脳腫瘍

脳腫瘍は、脳組織から発生する場合と他の臓器でできた癌細胞の転移による場合があります。脳腫瘍はとても恐ろしい病気で、良性のものであっても脳神経への悪影響を及ぼします。言語障害や記憶障害などといった症状が現れ、日常生活を送るのが困難な状況に陥る可能性があります。

脳梗塞

人の脳細胞は、成人を過ぎると徐々に減少していきますが、ある程度の再生能力を備えています。しかし、脳に繋がる血管が何らかの原因で閉塞してしまい、脳に充分な栄養が送ることができなくなり、さまざまな症状を引き起こします。例えば、身体の麻痺や言語障害などが引き起こされます。

くも膜下出血

くも膜下出血とは、脳を保護しているくも膜の下に出血をしてしまう病気です。脳動脈瘤が破裂することによって引き起こされる場合が多いです。激しい頭痛や吐き気とともに、場合によっては意識障害に陥る場合もあります。