脳の病気は特に注意しよう|健康意識を持とう【脳動静脈奇形の原因と治療】

脳動静脈奇形は、合併症を引き起こすので早期発見が大切です

脳の病気は特に注意しよう

頭を押さえる人

脳動静脈奇形(AVM)とは?

脳動静脈奇形とは、血管の奇形の一種で、脳のさまざまな場所に症状が現れます。例えば、くも膜下出血や脳内出血、てんかんを起こしたりする可能性もあります。最も多い症状は脳内出血で、頭痛や吐き気なども起こります。

どのように検査すれば良い?

早期発見が今後の治療にとって重要な要素となるので、何か自覚症状がある方は検査をしましょう。検査方法として、頭部CT、または頭部MRIで診断することができます。てんかんを患っている方は、脳波検査を行なう必要があります。

治療方法はどうするべき?

くも膜下出血や脳内出血を起こしてしまったら、すぐに病院へ行き、状態が安定するまでは入院して安静にすることが大切です。治療方法は、個人の年齢や性別などの様々な要因によって左右されますが、動静脈奇形を全摘出することが治療の原則となります。