十分に気を付けるべき疾患|健康意識を持とう【脳動静脈奇形の原因と治療】

脳動静脈奇形はさまざまな治療法があるが早期発見が一番大切

もしも脳の疾患にかかってしまったらどうするべき?

体の病気の中でも特に恐ろしいのが脳の病気です。その中でも、脳動静脈奇形はくも膜下出血や脳内出血などを引き起こすので注意が必要です。もし病気になってしまった場合はどのように治療を施せばよいのでしょうか。

脳動静脈奇形のさまざまな治療方法

開頭手術による治療

頭蓋骨の一部を開いて、直接患部を摘出する方法です。患部の大きさや場所などさまざまな要因によって、安全に摘出できるかどうかが変わってきます。治療の難易度を表すグレード分類が設けられています。

放射線治療による方法

手術による治療が困難な場所に疾患がある場合、放射線治療が適しているといえます。特にガンマナイフと呼ばれる手法では、患部を確実かつ集中的に治療することができます。小さな病変に対しても的確に対応できる方法です。

カテーテルによる治療法

血管の中にカテーテルと呼ばれる細い管を通して、血管を閉塞しながら患部の治療を行ないます。頭蓋骨を開く必要が無いので、体への負担が少ない治療法となります。また、放射線治療や開頭手術と併用して治療できる方法でもあります。

手術の後の観察

開頭手術により、奇形部分をすべて取り除くことで再発可能性をほぼ0%に近づけることができます。しかし、放射線治療やカテーテルを使用した治療だと、奇形部分を完全に取り除くことはできないので注意が必要です。どの治療法を選択しても、術後の生活習慣や定期的な検診を行なうようにしましょう。

十分に気を付けるべき疾患

ナース

信頼できるかかりつけ医を選ぼう

病気の治療において大切なのは、医師との信頼関係になります。何でも気軽に相談できることが重要です。かかりつけ医を選ぶ際は、しっかりと情報収集して、家族と相談しながら実際に会って決めると良いでしょう。

脳動静脈奇形の手術はいくらかかる?

手術費用は、それぞれの手術方法の違いや、手術の困難度によって異なります。例えば、開頭手術は約40万円かかる場合があります。高額医療費制度を活用すると負担額を軽減できますので、ぜひ活用すると良いでしょう。

合併症を引き起こす場合はある?

脳疾患では、合併症を引きおこす可能性があります。特に、手術中や手術後はさまざまな合併症を引き起こしかねません。例えば、脳梗塞や糖尿病、肺気腫などが挙げられます。最悪の場合は、命に関わることもありますので、信頼できる医療環境で治療しましょう。

体調の不具合があればすぐに行動しよう

早期発見の下で行なわれる手術と、深刻な状況下での手術とでは命のリスクに雲泥の差があるといえます。少しでも体調の不具合が現れた場合には、すぐに医療機関へ行き、健康状態を診てもらいましょう。